四季彩暦 鳥

高知市内近郊で身近に見ることの出来る鳥をメインにしています

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ

高知県高知市
Canon EOS-7D + Canon EF300mm F4 IS USM + 1.4x


突然、口を大きく開けたカンムリカイツブリの舌骨の部分が良く見えました。

カンムリカイツブリ

哺乳類の舌そのものの中には骨は無い。
しかし舌の付け根のあたりに“舌骨”という骨があって、“口を開く”(舌骨が下顎骨を引っ張る)“飲み込む”(下顎骨が舌骨を引っ張る)といった動きをする筋肉を支えている。

一方、魚や鳥では、“舌”そのものの中にも、硬い骨がある。
こんな硬い芯があっては、哺乳類が毛づくろいしたり、咀嚼したりするときにやっているような、舌を曲げたりねじったりする動きはできないのではないかと思う。
考えてみれば、鳥が、たがいに舐めあっているのは見たことが無いし、そもそも歯が無いのだから食物は噛まずに丸呑みしている。

【 参考・引用 】  舌の骨


だけど、一寸不気味に見えませんかー・・・・・ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

 [カイツブリ科] カンムリカイツブリ

4 Comments

kanageohis1964  

こんにちは。

1枚目を見た時には下嘴が根元から折れている様に見えてギョッとしました。拡大写真見て事情を呑み込みましたが、こんな風になっているんですねぇ。

2016/03/08 (Tue) 20:18 | REPLY |   

kanageohis1964 さんへ  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

当方も最初はビックリでした。

2016/03/09 (Wed) 08:47 | REPLY |   

にゃいはは  

いつもありがとうございます。
舌骨なんですね。去年アオサギのくちばしが変だ!
と大騒ぎしたことが解決できて安心できました。

2016/03/09 (Wed) 17:43 | REPLY |   
にゃいはは さんへ">

にゃいはは さんへ  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。


2016/03/10 (Thu) 07:35 | にゃいはは さんへさん">REPLY |   

Leave a comment